人気ブログランキング |

Seoulマラソン2016 Good Luck! ランナーさん

Bostonマラソンに次いで世界で2番目に長い歴史を持つ
" Seoul国際マラソン大会 " が、20日に開かれました。

a0279116_14345576.jpg

友人の ” ランナーさん ” がエントリーされるので、エールをおくろうと
7:20 AM、スタート地点の光化門(クァンファムン)広場へ。
やっぱり応援はスタートからしないとね!006.gif

a0279116_14371293.jpg

少々肌寒い朝でしたが、皆さんの熱気がムンムン!
私には初のマラソン大会見学で、圧倒されました。
「ランナーさんに会えるかな?023.gif」とは、初心者ならではの無理な希望 f(^^;
この大会、国内外のランナー160人のほか、
一般市民ランナーおよそ2万8000人が参加するそうです。

そして8:00!

a0279116_14422336.jpg

いよいよスタート!こちらはAグループ

そして動画はB グループ


物は飛んでくるは(24秒)(@@; 、
ランナーに世宗大王" もどき " が紛れているは(44~50秒)・・(笑)

私は(煩過ぎる為)人が居なかった巨大スピーカーの横に陣取り、
「ランナーさんはどこっ?」と探しながら、片耳指で栓をしてこれを撮影。042.gif
楽しそうで、ワクワクする気分を味わえました。

a0279116_14491058.jpg

フルマラソンのコースです。023.gif

a0279116_145322100.jpga0279116_1453349.jpg

「ランナーさんをゴールで迎えよう!043.gif」と
J と一緒に蚕室オリンピック・メインスタジアムへ。

a0279116_14543459.jpga0279116_1454466.jpg

会場には続々とランナーたちがゴール!
応援者や報道関係、また今流行りのドローンが飛んで賑わってます。
携帯で「リアルタイム記録速報サービス」を見つけたので、
現在のランナーさんの通過地点を確認しながら待つ。

a0279116_14581167.jpg

見つけやすいようにと、ランナーさんのウエア―の色などを聞いておいたのですが、
peko_tinさん、アドバイスをありがとうございました~!<(_ _)>

走っていると胸に付けたナンバーが見えない;、ゴールに近寄れない、
遠い(目が悪い;)、人が多すぎる!、私の観戦経験不足、
また、「リアルタイム記録速報サービス」も数分の時差があり;
ランナーさんを発見できず;002.gif
ゴールに入る瞬間を写真に収めたかったのにな~ 残念!
その後もしばらく連絡が取れなくて、会えないかも・・・

a0279116_152968.jpg

マッコリで祝おうと用意してきたのに・・・・・と、
マッコリ持参の証拠写真を撮ったら、

会えました~!

a0279116_1535511.jpg

「ランナーさん、完走おめでとうございます!お疲れ様でした~」
貰ったばかりの、完走メダルを胸に記念写真。by J
本当は記念Tシャツもらえるはずなのに無かったと;関係者さん、どうなってるんでしょうね?

ランナーさんの右足はマメがつぶれて皮がよじれ;左足は血まみれ;
痛そう~~~~(><)
フルマラソンの過酷さを目の当たりにしました。
前半は安定したペースだったのに、マメが潰れてから不具合が発生;
今回ほんの少しの遅れで、目標のタイムを達成出来なかった事が悔しくて、
ゴールした瞬時、既にリベンジを自分に誓った!というランナーさんでした。

a0279116_1575533.jpg

そしてスタジアムを出て、無事にマッコリで乾杯!安物で申し訳ないっ;
この時の為に!マッコリ用のカップも持参しましたよっ。^o^
私は久しぶりのマッコリでうまいっ!
マッコリを飲まないJ 、「え;もう一本空けちゃったの?早すぎ;027.gif(驚!)」
うふふ、私達、マッコリ・ソムリエよ!


タイトルの Good Luck は、ランナーさんのマラソンに向けては勿論ですが、
実はもう一つの意味が・・・

4年間ソウルに赴任されていたランナーさん、
帰任が決まり、実はこの日がソウル最終日これが最終イベントでした。

追記!
私の勘違いで、この日は一時帰国で、26日が最終日でした。040.gif


そして夜のフライトで日本へ。そう、この痛い足を引きずって。
Seoulマラソン完走で、ソウルlifeに有終の美を飾られたことでしょう。
ランナーさん、今までいろいろお世話になりました。040.gif
私達も観戦側からこのイベントを楽しみ、そして無事に会えて、
完走達成を祝い、最後にマッコリを共に楽しめた事を嬉しく思います。
楽しい思い出をありがとうございました。

日本での新たな生活にエールを送ります。
Good Luck ランナーさん!
そして、Pease keep in touch!


     ******* Thank you for visiting f's note! *******
by fsnote2 | 2016-03-20 21:59 | Event, Guest

アラスカから再びソウルへ戻ってきた、私 f と 夫 J。浦島夫婦の生活記録。日々の出来事をf's note へ。


by f