証書が届きました!

a0279116_14414867.jpg
待ちに待っていた郵便物が届きました~!

New Orleans School of Cooking からです。043.gif

NOLA からソウルに戻って、忘れないうちに!と、習ったお料理の復習しました。

2014年12月2日

a0279116_14421223.jpga0279116_14421927.jpga0279116_14425953.jpg
a0279116_1443894.jpga0279116_14431839.jpga0279116_14432820.jpg

感謝祭での七面鳥と、七面鳥の骨で取ったブロスを使用。

a0279116_1444272.jpg

ターキー・ガンボです。
Ms.Patの味には敵いませんが、美味しく出来ました♪

a0279116_14443981.jpg

ソーセージもターキーを使用。

2014年12月3日
お次は、料理教室では苦手だった PRALINES / プラリーンズ
プラリーンだけで食べるのが余りにも拒否反応があったので、ちょっとアレンジしました。

a0279116_1445775.jpg

砂糖をぐっと減らして、ミルク多め+ラム酒!
それを焼いたクッキーの星形に流し込んだり、その上に掛けてコラボレーション。

a0279116_14452495.jpg

ラム酒が効いて、クッキーとの相性も抜群です。
私でも美味しく食べれました。
これはNOLAの料理教室の先生にも褒められました~。070.gif

そして2014年12月08日

a0279116_14454946.jpg

シュリンプ・クレオール。

a0279116_1445593.jpg

こちらは辛め!食欲がわきました。

3品の写真をNOLAの料理教室へ送り、 Diplomaを請求。
年末を挟んだので、時間がかかったんでしょうね。

a0279116_14461556.jpg

こちらがその証書です。
各コーナーに野菜のイラスト入りで可愛い♪
しっかしこの紙、ぺら~っぺら~037.gif

でも嬉しいです。016.gif
やったー!070.gif


     ******* Thank you for visiting f's note! *******
[PR]
by fsnote2 | 2015-01-06 13:09 | Food & Drink | Trackback | Comments(26)
最終日の朝、
ニューオリンズ生まれの四角いドーナツ BEIGNET / ベニエ をようやく食べることが出来ました。
ベニエで有名なのは、老舗の Café du Monde / カフェ・デュ・モンドですが、
聞くところによると、最低30分から一時間並ぶ・・・・という事で

a0279116_10164966.jpga0279116_1017010.jpg

私達はRoyal St にある、CAFE BEIGNET へ。 先日、一人で街をうろついていた時に見つけたの♪
朝8時前に行ったので、ちょうど混む前にテーブルをGet出来ました!
ベニエに合う飲み物は、カフェ・ラテ 063.gif なんだそう。

a0279116_10173052.jpg

こちらがその有名な、BEIGNET!
オーダーを受けてから揚げるので、少々待ち時間がかかりますがアツアツが食べれます。

a0279116_1017578.jpga0279116_10181343.jpg

パウダー・シュガーが雪山の様に・・・・・・005.gif
揚げてあるのでもっと脂っこいかと思ったら、全然!046.gif
生地に甘味が全くないので、このパウダーシュガーの量はある意味正解かも。
ほんと、カフェ・ラテとの相性も良く、一人で3つ完食出来ちゃいました~

a0279116_10184680.jpg

USで有名な料理チャンネル、Food Network の番組
” BEST THING I EVER ATE" で、
Alton Brown がこの店を紹介していたんですね。 

他に、Emeril Lagasse (USで有名シェフの一人、特にケイジャン料理!)
のレストランもこのニューオリンズに存在します。
個性的な料理を持つニューオリンズは料理界で何かと注目される場所ですね。

文化、芸術、そしてお料理もとても個性的なここ、ニューオリンズ。
今まで好きじゃないと思っていたJAZZ もこれからは聞けそうです。
寒気に覆われたのはビックリしましたけど、
今回の滞在で、とても新しい経験・体験をすることが出来ました。

NOLA (”New Orleans” = NO, “Louisiana”=LA) での滞在記はこれでおしまい。
長々と、お付き合いいただきありがとうございました。040.gif


     ******* Thank you for visiting f's note! *******
[PR]
by fsnote2 | 2014-11-22 21:36 | Trip | Trackback | Comments(16)
ニューオーリンズの観光名物、Streetcar / ストリートカー。
3つの路線で毎日運行中。朝5時頃から真夜中まで10〜15分間隔で運営され、
料金は$1.25。前払い制でおつりは出ません;

その一つ、緑色のSt. Charles Line / セント・チャールズ線に乗って
Garden District / ガーデン デストリクトへ。最寄駅はJackson Ave.

a0279116_1482047.jpga0279116_1483128.jpg

ニューオリンズのストリート・カーは150年以上の歴史を持ち、
実に『世界一古い路面電車』として知られているのだそう!
1920年台に作られた緑の車両は、木のベンチに豆電球と昔のままの姿。
降りる時のベルは、ボタンじゃなくて ” 紐 ” を引っ張って知らせます。 

a0279116_149275.jpg

Garden District は古くに建てられたヨーロッパ風の豪邸が立ち並ぶ、高級住宅街。
巨大な樫の木がストリートに沿って立ち並び、バナナの木やその他の熱帯植物に彩られた庭が続きます。


Garden地区 っていうから、植物園なんかがあるのかと思ってました。f(^^;

a0279116_1495322.jpga0279116_14101041.jpga0279116_14102551.jpg
a0279116_14104034.jpga0279116_14105436.jpga0279116_1411996.jpg

おいおい、おいおいおいおい・・・・
立派な御門、お玄関の前には噴水が!ベルサイユ宮殿に存在するようなプチ庭園までも。
そんな豪邸が、これでもかぁ~~~~~~!と並んでいます。
す、すごすぎるっ!!005.gif (写真をクリックすると大きく覧いただけます。)

*南北戦争勃発まで経済の中心地として栄えたニューオリンズ。
綿花販売、奴隷貿易、国立銀行などで財を成したアメリカ人は、ギリシャ復興様式やイタリア式、ビクトリア朝の大邸宅や、
16世紀フランスの建築家マンサールが考案したと言われているマンサール屋根(mansard roof)と呼ばれる
二重勾配屋根(腰折れ屋根)や、塔をつけた大邸宅などを次々に建てて、この地域は資産家の邸宅が並ぶ住宅街に発展。
この地区は 1806 年、当時ニューオーリンズに住んでいたフランス人建築家、バルテレミー ラフォンにより設計された。
現在はニューオリンズの有名人や政治家、ミュージシャン、資産家などが住む閑静な高級住宅街で、
米国歴史地区にも指定されているそうです。


a0279116_14122456.jpg

私達が見た範囲では、ここが一番大きくて豪華! この写真は敷地内の一部に過ぎません。
現在ここは学校として使われているそうです。023.gif それにしても、豪華すぎ!

こんな歴史的建造物に住むなんて、ロマンチック~!
でも、どこかちょっとでも修繕するのに、いちいち許可が要るらしい。
また税金は一体いくらかかるんでしょうね~?039.gif

豪邸に目を奪われていたら、足を挫いてしまいました。002.gif  だって・・・・

a0279116_14124798.jpga0279116_14125849.jpg

豪邸に反して、前の歩道がガタガタのボコボコなんです。
きっと、この歩道もきっと当時のままを残す規制でもあるんでしょうね。
昔の人が歩いたこの同じ歩道を歩く・・・・なんかワクワクしちゃうfです。043.gif

この高級住宅地、Garden District に住みたいっ!とお思いの方 034.gif

a0279116_14133597.jpga0279116_1413479.jpga0279116_14135815.jpg

☝不動産情報を少々お持ちしましたので、是非ご参考になさってください。

a0279116_14143874.jpg

今夜は、テラス感覚でDinner. ちょっと寒かったけど;

a0279116_1414594.jpg

前菜の Oyster Duo
ほうれん草とベーコン、そしてシーフードと2種の詰め物ので焼いた牡蠣、半ダース。
私にはトッピングが多過ぎて牡蠣だけを、J はトッピングが美味しいと、
私達って、上手い具合のコンビです。006.gif

a0279116_14152065.jpg

私はOyster Pasta
クリームソースが重いかな?と思ったら、サッパリと仕上げてありました。
J のSHRIMP 'N GRITS も同様、素材の味を生かしてあります。
ここでもやっぱり、牡蠣はし~っかり揚げてありました。
ま~、ここで日本のカキフライを期待しちゃいけませんね;f(^^;

帰りに、Bourbon St でプチパレードが見れました!



毎年2~3月に開かれるカーニバル、マルディグラの雰囲気をちょっぴり味わえた気がします。023.gif


     ******* Thank you for visiting f's note! *******
[PR]
by fsnote2 | 2014-11-21 22:05 | Trip | Trackback | Comments(12)
ようやく寒波が過ぎ去ったNew Orleans です!058.gif


a0279116_1032135.jpg

お洒落なお店が並ぶ、Royal St をぶらり。

a0279116_1035057.jpga0279116_10411.jpg

アートショップのウインドーで、           温っか、フレッシュ・アート発見!037.gif
通り過ぎる人達、皆笑顔になってました。

a0279116_1043672.jpg

今日も頑張る、ストリートパフォーマー達。

a0279116_105957.jpg

a0279116_1052860.jpg

こちらのクラリネット演奏が特に素晴らしかったです。023.gif

a0279116_106197.jpg

a0279116_1062134.jpga0279116_1063364.jpg 


Red Fish Grill で夕食を。

a0279116_1071544.jpga0279116_1072712.jpg

Redfish はNew Orleans では人気の魚で、養殖が盛んだそう。(by Ms.Pat)

a0279116_1081028.jpga0279116_1082523.jpg

至る所にRedfish がいて楽しいレストラン♪ 左はRed Fish のBBQ グリル。

a0279116_109143.jpg

パンもこんな可愛い袋に入って登場~

a0279116_1092354.jpg

まずは、前菜に
BBQ Oysters : Flesh fried, Crystal BBQ sauce, housemade blue cheese dressing.
BBQ オイスター : 揚げたて、クリスタルBBQソース、自家製ブルーチーズ・ドレッシング。
J が大層お気に召したそう。ブルーチーズ好きだし。027.gif
美味しいのですが、強い味付けが牡蠣の味を消しちゃってて・・・私にはちょっと残念。

a0279116_1094716.jpg

私のメインは Wood Grilled Redfish & Lump Crabmeat
Our Signature! Tasso & Roasted mushroom, Pontalba potetoes, Lemon butter Sauce

当店の自慢料理!薪でグリルしたRedfish のカニ乗せ
タッソ(ケイジャン特有のハムの一種)&ローストマッシュルーム、ポンタルバ・ポテト、
そしてレモンバターソース。

a0279116_10101483.jpg

J のオーダーは、本日のスペシャルの中からの一品。
Blackened Mahi Mahi & Crab Cakes
Purple sweet potetoes & Brussel sprout hash, bacon wilted greens,
sweet & spicy aioli

香辛料をまぶして強火で焼いたマヒマヒとクラブ・ケーキ
紫芋、芽キャベツのハッシュ、(たぶん;)マスタードグリーン、甘辛いアイオリ。

どちらも調理加減が抜群で美味しかったです。
お野菜がもう少し欲しいところでしたが、もうこれだけで満腹!

J は頑張って、

a0279116_10104050.jpg

デザートのDouble Chocolate Bread Pudding を。
Dark & semisweet chocolate bread pudding with white & dark chocolate
ganash & chocolate almond bark

ブレッド・プディングに白&ダーク・チョコレートソースが別に添えてあり、
サーブしてくれたお兄さんがそのチョコレートソースを一気に豪快に高いところから
掛けてくれるというパフォーマンスあり。
Before の写真も、撮りたかったなあ。023.gif

見た目とても甘そうですが、ダークな味のブレッドプディングとチョコレートソースが
適度にマッチしていて、これなら日本人でもOK!

a0279116_1011442.jpg

夕食の後は、一番賑わっているBourbon St をぶらり。

a0279116_10112448.jpga0279116_10113645.jpg

New Orleans の夜はまだ始まったばかりです。


     ******* Thank you for visiting f's note! *******
[PR]
by fsnote2 | 2014-11-20 21:33 | Trip | Trackback | Comments(16)
J が前もって申し込んでおいた、ケイジャン料理教室へ行ってきました。

a0279116_9245563.jpga0279116_925871.jpg

お店の奥にあるClass Room で ケイジャン料理3品を学びます。
お料理教室へ参加するなんて初めて♪
沢山の参加者で、調理がどう進行されるのだろう?と思ってましたが

a0279116_9254585.jpg

上手い具合に、ちゃんと見えるようになってて凄い~043.gif

a0279116_926854.jpg

教えて下さるのは Ms. Pat

a0279116_9263260.jpga0279116_9264555.jpg

最初はチキンガンボ。
Ms. Pat 「ガンボはシチューでなくスープです!材料は細かく切ってスプーンで食べます。034.gif 
スプーンですくえない大きな具材なんて入れちゃダメダメ!
そして欠かせないのが、FILE! ガンボに入れるとトロミが付きますよ。」 ( ..)φメモメモメモ

私の持つレシピは何時間もかかるのに、ここでは調理時間がほんの一時間。
しかも、滅茶苦茶美味しい~~~~~!070.gif 

a0279116_9272139.jpg

お次は、チキン・クレオール。クレオールはご飯にかけて食べる。

こちらはちょっと私好みに改良したい感じ。
そして日本のお米で食べた方がぜ~~~~~っつたい美味しい!
J : 「同感! 027.gif

a0279116_9291464.jpga0279116_9292611.jpg

3品目はデザートのPRALINES / プラリネ
溶かしたバターにミルク、砂糖、ピーカンを和えて加熱し、カラメル化したもの。
チョコレートを入れたり、リキュールを入れたりも出来るそう。

これが、めっちゃ甘いっ!甘すぎ!! 正に砂糖とバターを食べてます。
私は味見だけしてJ にあげちゃった。 

後日、今日のレシピを作って写真つきでメールをしたら、卒業証書を送って下さるそうです!
よ~し、がんばるぞっ!066.gif


夜は、JAZZ Bar を探しにFRENCHMAN St へ。

a0279116_930893.jpg

途中で見た、ストリート・パフォーマンス。
こういうのが正にニューオリンズ!って感じ。023.gif

a0279116_9303332.jpga0279116_9304961.jpg

私達好みの曲が流れていた、ここMAISONへ。

a0279116_9312713.jpg




023.gif

このBar で面白かったのがここのトイレ。
スタッフが常駐(?)していて、洗面台で石けんをくれたり、ペーパタオルをくれたり・・・・・
そしてシンクの横には、しっかりTIP の入れ物が・・・・・
まるでここはヨーロッパか超~高級ホテルのようです。
カトリーナの影響で仕事を無くした人たちが沢山いるので、こんな仕事が出来たのかしら?039.gif

a0279116_9345953.jpg

外にはまぶしい!今月の各バンド・スケジュール。
トイレが別料金かかりますけど、037.gif、ここはお勧めです。

a0279116_9352999.jpg

次はここ。

a0279116_936073.jpga0279116_9361478.jpg

ここでは、なんと!

a0279116_9364948.jpga0279116_937146.jpg

奥にコインランドリーが!!!005.gif
まあ、飲んでる間に洗濯も出来ちゃったら、一石二鳥ですね。006.gif

a0279116_93759100.jpg

記念にこのバンドのCDをお買い上げ~

色んなJazz と、特徴のあるBar を楽しめた夜でした。 楽しかった~


おまけ:

a0279116_9421339.jpg

これはニューオリンズ特製自転車?
peko_tinさんに報告しなきゃっ!


     ******* Thank you for visiting f's note! *******
[PR]
by fsnote2 | 2014-11-19 21:36 | Trip | Trackback | Comments(14)
今朝も寒いNew Orleans.
なんでも寒波が通り過ぎているようで、今日も丸一日冷え込む予報。
手持ちの衣類を着られるだけ重ね着・・・・・・035.gif

a0279116_17532149.jpga0279116_17533397.jpg

今日はCanal St Ferry / カナル・ストリート フェリーに乗って、
対岸のAlgiers という街へ行ってみることに。

a0279116_17541363.jpg

アメリカ一の巨大なミシシッピー川 
見えるのは、グレイター・ニューオリンズ・ブリッジ
ミシシッピー川がメキシコ湾に流れ出す前にくぐる一番最後の大きな橋だそう。

a0279116_17543038.jpg

フェリーに乗る事約7分、Old Algiers へ到着。
町を歩いてみましたが、フェリー・ポート近くにカフェ一軒、Bar 2軒の他は住宅街。
こちら側から対岸へこのフェリーで通勤する人が多い様子。

a0279116_17545290.jpg

対岸から見るNew Orleans
唯一のカフェが11時Open でお茶することも出来ず、再びフェリーに乗り込みました。
何にも出来なかったぶらり観光・・・・・・私の足跡だけ残して。

J を待って遅めのランチ

a0279116_1755824.jpg

たまたま見かけて入ったこのレストラン、

a0279116_17553319.jpga0279116_17554540.jpg

なんと、Bobby Flay Throwdownに挑戦されたお店でした!005.gif

Bobby Flay Throwdown とは、USの有名シェフ、Bobby Flay が全米の人気店に突然現れて、
料理対決の挑戦を挑む!という人気料理番組です。

しかもその対決に勝ってます。038.gif

a0279116_17562340.jpga0279116_17563534.jpg

その為か、FOOD TOUR / フードツアー参加の人達が店の一角で
お料理の説明を受けていました。 楽しそうなツアー!

a0279116_17571191.jpg

J はその対決勝利メニュー" Muffuletta / ムフレッタ ”
Ham, Mortadella, Soppressata & Genoa Salam topped wiith Melted Provohlone and Olive Salad
ハム、モルタデッラ、ソプレッサータ & ジェノヴァサラミ、溶かしたプロヴォローネ・チーズとオリーヴサラダのせ。


a0279116_17573937.jpg

私はNew Orleans 名物ファーストフード " Fried Shrimp Po-Boy "
本当はオイスターをオーダーしたのですが、品切れ!002.gif
でもエビも美味しかったです。
揚げたての、スパイスの効いたエビをホフホフしながら、いただきました。
これは美味いっ!お勧めです。049.gif

ランチの後は、水族館へ。

a0279116_1758877.jpg

a0279116_17583089.jpga0279116_17584332.jpg

         癒しの代表、クラゲ                    カエルのB面

一番楽しんだのは、☟のイカちゃん
粘った末に、餌をとるシーンの撮影成功しました!006.gif



明日は少しでも暖かくなると良いんだけどな・・・・・


     ******* Thank you for visiting f's note! *******
[PR]
by fsnote2 | 2014-11-18 21:25 | Trip | Trackback | Comments(12)
只今、時差ボケのボケボケ、大~ボケで、朝の2時頃からおめめパッチリ。
そして昼間大あくびの連発で、ニューオリンズからブログUpしております。019.gif

昨日はタンクトップの女性も沢山見られたほど暖かい陽気だったのに、058.gif
今日はそれが一転し、氷点下の強風、ダウンジャケットが欲しい寒さ。
J は今日から勉強会開始なので、私は1人震えながら街をぶらぶら・・・・

a0279116_14403279.jpg

まずはセントルイス大聖堂へ
「US最古の現役カトリック教座聖堂」と聞けば是非行ってみなければ!
また天井画やステンドグラスが素晴らしいという事で来てみました。

a0279116_14405265.jpg

とても広々した空間で、明るく清らかなイメージを受けた教会内。

a0279116_1441816.jpg

確かに美しい天井画023.gif

a0279116_14412788.jpg

私は無宗教ですが、教会を訪れると気持ちが落ち着きます。
静かに優しく流れる教会音楽も好きです。

a0279116_14414750.jpg

教会を訪れた際、必ずチェックするのがパイプ・オルガン。
容姿も音も大好きです♬
一生の内一度は弾いてみたいと思うけど、そんな身分も腕も無し;

a0279116_1442385.jpg

教会の両サイドを飾る、数々の美しいステンドグラス。

a0279116_14422356.jpg

細かい作業が施されており、色合いも多くて素晴らしい!

さて再び風切って早足で歩き、向かった先は

a0279116_14424530.jpga0279116_14425641.jpg

フレンチ・マーケット
時間が早すぎたのか、シーズンOffなのか、期待していたフルーツや野菜売り場は無く
衣類や本、クラフト売り場は商品が所狭しと並んでいます。

a0279116_1443302.jpga0279116_14434045.jpga0279116_14435312.jpg

ワニの頭と、ワニの孫の手?痛そう・・・・・; そしてVOODOO人形!005.gifきゃ~~~っ!

a0279116_14443066.jpg

フード・カウンターがOPENしていたので、温かいガンボでも食べようかと思ったのですが
このマーケットは屋根だけなので風が吹き抜け激寒!寒がりの私は退散です~

a0279116_14445460.jpg

再びフレンチ・クオーターを歩く。

a0279116_14451159.jpga0279116_14452173.jpg

この逆S字の金具は?         ウインドー・シャッターを押さえるための物らしい。なるほど~

a0279116_14455528.jpg

 
沢山あるレストランの中から、今夜は

a0279116_14461450.jpg

" The Ed's Seafood " で夕食を。

a0279116_14464416.jpga0279116_14465695.jpg

フレッシュな生牡蠣が売り!の言葉に(私が!)魅かれました。

a0279116_14474251.jpg

ニューオリンズに来たら、一度は食べなきゃね。
新鮮で、クリーミーな牡蠣をスパイシーなレッドソースと共に。016.gif美味し~

a0279116_14481053.jpg

Blackened Redfish :
Topped with Butter Sauce served with Jambalaya & Vegetables.
香辛料をまぶして強火で焼いた魚のバターソースがけ、ジャンバラヤと野菜添え。

焼き加減、香辛料の量が適度で美味しい魚でしたが
ジャンバラヤは味が薄めでした。

a0279116_14483619.jpg

Gumbo YA YA : A true Creole Cumbo with Shrimp, Chicken & Andouille.
ガンボ ヤ ヤ : 海老、チキン、アンドウレ(ソーセージ)の本格クレオール・ガンボ。

色は薄めですが、味は深みがあって美味しく、J は昨日よりこちらのガンボがお好みだそう。
( ..)φメモメモメモ~

レストランによっての味があるので、
自分のBest な一品を探して食べ歩きたいです~♪


     ******* Thank you for visiting f's note! *******
[PR]
by fsnote2 | 2014-11-17 20:36 | Trip | Trackback | Comments(18)
毎年恒例、J のCPA の勉強会で、

a0279116_14243723.jpg

今年はルイジアナ州のNew Orleans / ニューオリンズ へ来ています。

中央の旗にあるのが、ニューオリンズのシンボル “Fleur de lis”(発音はフロー・ダ・リーに近い).
アイリスの花を紋章化した物で、もとはフランス王家の紋章。(仏語の直訳で『ユリの花』)
以前にフランスの入植地であったニューオリンズでは、今でも街のシンボルとして定着し、
看板やお土産物など、いろんなところに使われています。

a0279116_1425040.jpg
Nouvelle-Orléans [lanuvɛlɔrleɑ̃]は、
「新オルレアン」という意味でルイ15世の摂政オルレアン公
フィリップ2世に因む。かつてはフランス領ルイジアナの首府
であり、市内のフレンチ・クオーターと呼ばれる地区には、
今なおフランス植民地帝国時代の雰囲気を残している。



a0279116_14261748.jpg

フランス、スペインの植民地時代の街並みを残すフレンチ・クオーター(地区)を歩きました。

a0279116_1427459.jpg

a0279116_14273350.jpg

アイアン・レースというレース飾りの鉄柵が特徴なのだそう。

a0279116_14275833.jpg

豪華で美しく、そして素敵♪023.gif

a0279116_14282521.jpga0279116_14283780.jpg

庶民的なドアも。郵便受けもそうだけど、左に並んだベルの大雑把感がイイネ♪(左)
家が傾いで、ドアと枠に隙間が・・・・そんなとこからも古さを感じられます。(右)037.gif

a0279116_14291855.jpg

日曜日のせいか、セントルイス大聖堂前では露店やパフォーマンスで賑やかです。

セントルイス大聖堂
フレンチクオーターの中でも古く、アメリカ合衆国の現役カトリック司教座聖堂としては最古。
スペイン建築でローマ法王も訪れたことのあるほどの大聖堂。
中には素敵な天井画やステンドグラスが見ることができるのだそう。


それぞれの路地でもいろんなパフォーマンスが見れました。

a0279116_14294490.jpga0279116_14295567.jpg

流石は音楽の街、ジャズの発祥地。         ☝この人はこのまんま動かず・・・お見事!

a0279116_14303123.jpg

                 有名なミュージシャンたちの銅像。
      こういう銅像を見ると、ハナ肇を思い出してしまうのは私だけでしょうか?(笑)041.gif

☝のバンドの軽快な生演奏をお楽しみください!ブルーのおじさんに邪魔されるまで; 021.gif



Dinner は勿論ケイジャン・フード!016.gif
Soul food / ソウル・フードとも言います。 Seoul じゃないよ~

a0279116_14311025.jpga0279116_14312462.jpg

名前からして魅かれた、レストラン " GUMBO POT " にて。

a0279116_14315559.jpg

飲み物は、ローカル・ビール ABITA の TURBO DOG / ターボ ・ドッグ と
New Orleans を代表するカクテル、真っ赤な!" ルイジアナ・ハリケーン "

ニューオリンズは2005年8月にハリケーン・カトリーナで壊滅的被害を受けましたが
このカクテルはそれ以前から存在していたそうです。


ビールは苦味と深みが効いていて私好み♪ ルイジアナ・ハリケーンは甘かった~;

a0279116_14322895.jpga0279116_14324057.jpg

J は <左> Creole Combo <Jambalaya, Shrimp Creole and Crawfish Etouffee>
      クレオール コンボ<ジャンバラヤ、エビのクレオール そして ザリガニのエトーフェ>
Creole /クレオール (Louisiana Creole people):1803年のルイジアナ買収によって米国の一部になる前の、仏領ルイジアナ時代の移住者を先祖に持つ全ての人種及び異人種間の混血の人々、又これらの人々の独自の文化とクレオール料理を指す。
Etouffee / エトーフェ:野菜やザリガニ入りの、スパイスの効いたケイジャン風シチュー

中央の丸いの : ジャンバラヤはコクのある、とてもしっかりした味付けで美味!
右 : エビのクレオールは激辛!031.gif 私好み~♪
左 : ザリガニのエトーフェは優しく深みのある味でした。

私は、<右> Seafood Gumbo / シーフード・ガンボ
ガンボは時々作りますが、本物を食べたのはこれが初めて。色の濃さにまずビックリ!
レシピにあった、”チョコレート色になるまでルーをしっかり炒める!” の意味が
この時よ~くわかりました。
ガンボって、今までカレーやシチューのイメージでしたが、大食いの私にはご飯が全然少ない;;002.gif
ガンボって、スープなんだな~と、本物を初めて食していろいろな事が学べました。
本物を知るって、楽しい~060.gif
滞在中にいろんなケイジャン・フードを試すつもりです。006.gif

a0279116_14331914.jpg


     ******* Thank you for visiting f's note! *******
[PR]
by fsnote2 | 2014-11-16 21:10 | Trip | Trackback | Comments(12)

アラスカから再びソウルへ戻ってきた、私 f と 夫 J。浦島夫婦の生活記録。日々の出来事をf's note へ。


by f