「ほっ」と。キャンペーン

続・イタセラ作品記録

続・イタセラ作品の記録です。
一月はクラス最終月という事もあり、作品作りに追われた日々。
そして、だんだん仕上がって私の手元に。
殆どは全て荷造りされて発送済みです。
皆、無事に届いてくれよ~!(-人-)
使う前に破損しちゃったら悲しすぎる~

a0279116_15400885.jpg

先生に私の要望をよ~く伝えたので(笑)割と好みに仕上がりました。
こちらはこの後、組み立てをして完成予定。
何が出来るかは、引っ越し後のブログで紹介したいと思います。

奥には、さくらのキャンドル・ホールダーが完成。

a0279116_15401439.jpg

⇧イタセラ仲間のリンゴさん(韓国人)に、ベースの器を頂いてしまったので
急遽製作開始!
これはグレーズ(艶だし)を塗る前の状態。

a0279116_15402072.jpg

⇧これもどちらかというと、急に作った作品。
" 蓮 "
意外にも結構気に入ってます♪

a0279116_15402756.jpg

⇧こちらは、粘土消費用に作った作品。
ベースはKim先生お気に入りの色で。f(^^;

左上に見えるのが、リンゴさんがくれたベース。右上は蓮のベース。

a0279116_15403422.jpg

⇧ 赤い小花が毒々しく見えなくもないのですが・・・・f(^^;
これは、「作らねば!」と製作したもの。
というのは・・・・

a0279116_15404009.jpg

このベース、
以前 、Korean Travel Expo 2014 で貰ってしまった、
あの、ベタベタ・グラグラだった壺を今の今まで保管してあったので
何とか利用したくて。笑
使えて、作品に出来て良かったっ!emoticon-0141-whew.gif


作品は、残すところ2点となりました。
来週にでもグレーズを塗りに行って、完成の予定です。

a0279116_16191178.jpg


     ******* Thank you for visiting f's note! *******

トラックバックURL : http://fsnote2.exblog.jp/tb/23603679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kiraln at 2017-02-06 09:44
心身共々慌ただしい中
綺麗にそして丁寧に制作してますね。
さっすがぁ~(●^o^●)

世界に一つだけで
韓国の思い出がギュッと詰まった作品たち。
次なる引っ越し先で
韓国の喧騒と共に楽しかった思い出が膨らむことでしょう(^'^)
Commented by butanekoex at 2017-02-06 12:36
すてき、すてき~!
これは丁寧に梱包して、絶対に破損は避けないとですね~^^
Expoの生壺ポンッ!の記事も楽しく拝見!
最終的にこんなにステキな姿になるなんて、
当時の筋肉痛も報われましたね^m^
一番下の写真の 色がはいる前の作品、
私だったらこんなふうにしたいなぁ・・・
なんて想像しています♪タノシイ( ´艸`)
Commented by peko_tin2 at 2017-02-06 12:52
こんにちは〜♪
イタセラ作品、色々作られたんですね!
どれもとっても美しい仕上がり(*´꒳`*)
ちなみに一作品作られるのに、平均してどれ位の時間がかかるんでしょうか?
細部までまるで本物のようで、私のような不器用な人間は一年かけても仕上がらないような…(笑)
しかしトラベル・エキスポで頂いたまさかの生の壺、よくぞ大事に保管されてましたね(´⊙ω⊙`)
霊感など全くありませんが、こんなに素敵にしてくれてありがとうと言う声が聞こえた気がしましたよ〜♡
残りの2点も、完成まで楽しく頑張られて下さいねっ(((o(*゚▽゚*)o)))
Commented by akubi at 2017-02-06 17:47 x
うわ~どんどんと作品が出来上がるね~!あとは無事に新しいところへ届いて欲しいね☆私も祈ってるわ★
おそとごはんでは、俺シリーズがそこにもあるなんてびっくり!私は赤坂で俺シリーズのお店を目の前にしてるのに、なかなか入る機会がなくて、長女が飲めるようになったら行こう、友達と行こうと言ったままになってるわ~。やはり美味しそうだね~!
おうちごはんももう毎回いいコメントが出来なくて申し訳ないけれど、エッグベネディクト、マスタードチキン、ラザニア、パエリア、んも~~~どれもよだれが垂れちゃうわ~。ピーカンが入ったスコーンも美味しそうだし、体にもいいシナモンのパンもいいよね~。
あと3週間ちょっとの間に、イタセラもやらなくちゃだし、食材も片づけなくちゃだし、引っ越しの準備もあるしだしで大変だけど、韓国も時間が許す限り楽しんでね♪そしてまだ寒さが続くから体に気を付けてね☆
Commented by fsnote2 at 2017-02-07 07:54
φ(..) kiralnさん♪

イタリアン・セラミックは習える環境が少ないと思うので
今回出来る限り体験、経験をしたくてギリギリまでねばってます。^^
ちょっとミスマッチな気もしますけど(笑)
韓国で習ったイタリアン・セラミック、
引っ越しが済んで落ち着いたら、じっくり眺めたり
キャンドルに火を灯して楽しみたいと思います。
今はとにかく無事に届いてくれ!と祈るのみです。(^人^)
Commented by fsnote2 at 2017-02-07 08:02
φ(..) butanekoexさん♪

そうなんです、絶対に、絶対に破損してほしくなくて
何重にもプチシートを巻き付けて梱包しました。
でもなんせ長旅ですし、郵便局の人が乱暴な人だったら・・・
って考えると夜も眠れません。(*_*;
幸運を祈るばかりです。
あの生壺もようやく落ち着くことが出来ました。(笑)
この壺をくれたあの人に、見てもらいたい~^^
おっ!着色の想像をされているなんて、筋があるかも!
もし習われたらハマりそうですね~^o^
でも本当に楽しいですよ♪
Commented by fsnote2 at 2017-02-07 08:20
φ(..) peko_tinさん、おはようございます~♪

最後の最後、ラストスパートで急に製作量が増えまして;
嬉しいお言葉ありがとうございます。(#^^#)
製作過程としては、花の数や作品のサイズにもよりますが
週一のクラスで4回で一作品(ゴールド着色まで)が完成してました。
急げば・・・10日が最短コースでしょうか。
私も出会った時は、こんなの自分で出来るの?って疑問しかありませんでしたけど
習うと出来るようになりますよ~
ふふふ、あの生壺をよーやく使って作品に出来てホッとしました。
手作りのものって、処分できなくてね~^^
あの壺を作ってくれた人に連絡したいです。(≧∇≦)
後2点、頑張りますっ!(^o^)/
Commented by fsnote2 at 2017-02-07 08:27
φ(..) akubiちゃん♪

ギリギリになって製作量が増えて大忙し!
そうなの、あとは無事に届いてくれよ!と祈るのみです。
俺のシリーズ、ホントに美味しくて大満足でした。
是非ご家族お友達と行ってね。
マンネリのおうち・ごはんに御付き合いありがとね。
この先食材が減るし、食材が変わるので、この先どうなる事やら?
今月に入ってから肉体的にも気分的にも忙しさを増してます。
引っ越しを頑張りつつ、ソウルを楽しみます~!
Commented by tamataro1111 at 2017-02-08 07:03
お早うございます。
ソウル滞在も残り少なくなりましたね。。。 ! ?
そんな中ドンドン創作活動にびっくりです。
一番最後の写真は色付け前なのでしょうか、その後とっても鮮やかに仕上がっていますね。
Commented by fsnote2 at 2017-02-08 07:51
φ(..) tamataroさん、おはようございます♪

完成作品を手にすると、やっぱり嬉しいです。^o^
もう毎日指折り数える段階になってしまいました;
そんな時期、作品を荷造りしたいところですが、
まだ2作品終えてなくて~汗;
しかも普段より大物で、破損防御の為どう梱包しようかと悩んでいます。f(^^;
Commented by akdeniz_tk at 2017-02-08 11:28
出発ギリギリまでレッスン・・・わたしも同じコトをしていました。
慌ただしいときにって思いつつも、これを逃せば、次のチャンスはあるかしら?って考えると、やるしかないですよね。
遠く離れた後でも、作品を見るたびに、教室の様子やソウルの思い出が浮かんできそうですね。
お忙しいと思いますが、無理なさらないよう、
最後までソウルを満喫なさってください。
Commented by fsnote2 at 2017-02-08 20:39
φ(.. ) akdenizさん♪

そーなんですよ!
今の、ここで出来ることを逃したくなくて!
きっとakdenizさんの引越しの時期と同じ気持ちで
日々を過ごしています。
今は荷造りに気持ちが焦って、急いでパッキングしてしまいましたが、
それぞれちゃんと記録撮影しておくべきでした。(/Д`;
引越しが無事済んだら、ゆっくりジックリ眺めて使って楽しみたいです。
お気遣いありがとうございます。
今の今では、無理してもソウルを楽しみたいと欲張っています!
((-^皿^-))
by fsnote2 | 2017-02-03 09:00 | Art & Craft | Trackback | Comments(12)

アラスカから再びソウルへ戻ってきた、私 f と 夫 J。浦島夫婦の生活記録。日々の出来事をf's note へ。


by f